スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
利用者の声:子育て相談でお世話になって・・・
2014 / 09 / 18 ( Thu )
 最初は電話でした。かけるまでに勇気がいった気がします。自分なりに電話する理由を確認して、行動しよう!と思って動き始めた、はじまりでした。息子の発達障害の疑いを指摘された(2歳前でした)のはかかりつけの小児科で、それも声をかけて話してくれたのが看護士さんで、まさかそんな・・・でも言われてみたら(調べた項目に)ほとんど当てはまる。1歳半健診は混んでて慌ただしかったし、一晩眠れず考えて翌日、主治医の先生に尋ねてみると「専門の機関や相談窓口に・・・。紹介状も書けるけどそこからの方かスムーズだし」と、うちの子はかなり濃いグレーなんだと納得し始めかけた気がします。そろそろかけてみるかな・・・と何週間か温めていました。
 いざかけてみると普通で初めてなのに何度か話したことのあるような気さくな、でも丁寧な話し方や声で聞いてもらえました。専門医への紹介状や児童施設の案内、あとは日々の悩みや相談を何を話せばいいのかなと思いつつ、気がつけば聞いていただいててもう時間だなってのが毎回のパターンになってました。
 何でも話せて(話すものなのか話し過ぎ?と思うことも)ここなら普段、日常では話しにくい事が聞いてもらえる、話しているうちに心と頭の、もやもやごちゃごちゃになった問題を整えてもらえて、落ち着いて向き合ったり前を向けるきっかけをもらえるのが大変ありがたいです。
 我が家は夫婦と息子の上に姉が一人の四人家族です。息子にばかり手を、時間を割くわけにもいかず、上の子への考え方など、そういった相談にも答えていただきました。
 よくニュースで障害のある人と高齢の親が死後数日経ってから発見されるというのを目にします。孤独死とも少し違い、扶養していた方に何かあればSOSを出せないのが問題かと思います。人間は一人では生きてはいけないと言われますが、その人とのかかわりの上で必要なコミュニケーション能力に問題を抱えながら、なるべくは自力でそして普通の人のように出来ないことは手助けも借りて、ごめんなさいやありがとうの伝えられる人に成長してくれたら・・・と思えるようになりました。毎回の相談時間で大きな力をいただけて感謝しています。

Yさん
11 : 03 : 30 | 利用者の声 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<利用者の声:スーパーバイズを受けて | ホーム | 利用者の声:きっずサポート「かのん」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ntcr.blog.fc2.com/tb.php/10-754627d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。